証券会社の維持証拠金と追加証拠金




日経225オプションの取引開始には、まず証券会社で株取引をするための、総合口座を開設し、日経225オプション用となる取引口座を、改めて別に設けるのが通常です。

日経225オプションは、大前提に「証拠金取引」がありますから、自分名義の日経225オプションの取引口座に、証拠金を必要な金額だけ入金して、取引が開始されるという流れです。

証拠金が取引に必要になるのは、新しく日経225オプションを売却する際にだけであり、日経225オプションを購入する際には求められません。

コール・オプションを新規に売却した場合で例えると、後日日経平均株価が上がったとしたら、日経225オプションを売った方は、損をする結果となります。

日経平均株価が、そのまま上昇し続けてしまえば、リスクはどんどん上がっていくということです。

続きを読む

(C) 2009 日経225先物・オプション