相場が動かない時に利益を生む戦略




相場が安定し続けそうだと見られるなら、日経225オプションのストラテジー(戦略)は「ショート・ストラドル」や「ロング・バタフライ」がお勧めです。

理由は、日経平均株価が停滞している状況によって、日経225オプションで利益につながるストラテジーだからです。

ショート・ストラドルは、以上の状況を予測したときに、その値段に近い、限月が同じで日経225オプションの、権利行使価格のコールとプットを売るというものです。

コールとプットのプレミアム料を、両方得られるというメリットがあります。

日経平均株価の値動きが小さくなるにつれ、時間的価値が少なくなるので、利益が大きくなるという仕組みです。

続きを読む

(C) 2009 日経225先物・オプション