スタンダード&プアーズが示す指数




スタンダード&プアーズは、いわゆる格付け会社と呼ばれるもので、世界の金融市場において独自の金融情報を収集し、リスク解析、格付け情報を提供しています。
スタンダード&プアーズが提供している日本市場の指数にはインデックスファンドのベンチマークにも利用され、以下のものがあります。

・S&P Japan 500
東証一・二部、及びジャスダック市場上場銘柄の中から、市場代表性・流動性等の観点より選ばれた500銘柄を対象とする指数です。
S&P/TOPIX150・S&P Japan MidCap 100・S&P Japan SmallCap 250の3つのサブ・インデックスを統合した指数。

・S&P/TOPIX 150
日本の各主要業種の中の、流動性の高い150銘柄で構成される指数。
東証・スタンダード&プアーズの代表者により構成される指数委員会が、構成銘柄の選定を行います。
東証との共同指数です。

・S&P日本新興株100指数
この指数がベンチマークのインデックスファンドには、日興アセットマネジメントのETF、上場インデックスファンドS&P日本新興株100などがあります。

続きを読む

(C) 2009 インデックスファンド