セレクトファンド




複数のファンドから構成されるポートフォリオの中から、選択(セレクト)して運用する投資信託のことをセレクトファンドといい、業種別、テーマ別などが選択される構成要素になります。

複数のポートフォリオの中から、今後値上がりしそうなポートフォリオの選択し、相場の動きに応じて、他(ほか)のポートフォリオにスイッチング(乗り換え)することで運用益を生み出します。
セレクトファンドのメリットは、スイッチイングの手数料が無料、もしくは安価でコストを抑えた効率的な投資ができる点にあります。

通常、ファンドの乗り換え(スイッチイングに)は、販売手数料や税金がかかります。
セレクトファンドでは、それらの費用を抑えられるので、ファンドの乗り換えがやりやすくなります。
主流は、最低買付金額は10万円以上(1円単位)となっています。

続きを読む

(C) 2009 インデックスファンド