金融商品を運用のリスクと種類




金融商品には必ずリスクがります。事前に調べておきましょう。

・価格変動リスク(市場リスク)
相場の変動によって損をするリスクがあります。
株式や株式投資信託など、値動きの激しい商品は特にこの価格変動リスクが高くなります。
債券なども、途中で売却した場合には、売却時の金利情勢により価格が変動するので価格変動リスクを持っています。

・為替リスク
今流行の、FX外貨建ての商品は、為替相場の変動によって、円換算後の資産価値が減少するリスクがあります。
円高になると購入時より収益が減少するだけでなく、元本割れになることもあります、逆に円安になると為替差益が生じます。

・信用リスク(デフォルトリスク・債務不履行)
債券などの発行体(企業など)が経営悪化や破綻(はたん)により、利払いや元本の支払いが滞り、最悪では、支払いそのものができなくなるリスクです。
信用リスクを判断する目安として、格付け会社が提供する格付けがあります。安定性を示すもので、スリーAとか、Aマイナスとか表記されます。

続きを読む

(C) 2009 インデックスファンド