投資家の保護




金融商品取引法によって、証券会社に預けた、有価証券、預かり金(売買代金)などは、証券会社自身の資産と分けての保管が義務付けられています。
証券会社が破綻(はたん)しても、有価証券はその破綻(はたん)金融機関自身で発行する有価証券でなければ、そのまま返還される仕組みになっています。

もし証券会社が破綻(はたん)したら、投資者保護基金という機関が、まず破綻(はたん)証券会社の顧客資産を確認し、財産や分別保管の状況から、顧客資産の円滑な返還どうか、認定を行います。
問題見つからない場合には、破綻(はたん)証券会社から顧客へ資産が返還されます。

続きを読む

(C) 2009 インデックスファンド