確定拠出年金(DC)向けDCファンド




確定拠出年金(DC)向けに設定されたファンドのことをDCファンドといいます。

平成13年10月に実施された新年金制度で、確定拠出年金(DC)という概念が規定されました。
アメリカでの制度を引き合いに、日本版401kプランとも呼ばれます。
今までの年金制度は、一定の利回りが保証され、実際の運用実績にかかわらず、支払った年金の掛け金(積み立て)に応じて、将来受け取る年金額が確定している確定給付型と呼ばれるものです。

確定拠出年金というのは、確定給付型と違い、運用商品の選択は年金加入者が個人の責任において行います。
商品選択、タイミングによって運用益は違ってきますので、将来の年金額は加入期間の運用実績によって決まります。つまり、最終的な受け取り年金額が変動するわけです。

また、加入者個人ごとに積立金の管理、運用が行われるため、転職した場合には、年金勘定を転職先に移換することになります。
確定拠出年金では、自分で運用先を指定でき、資産残高の把握、運用が容姿ですが、運用リスクを伴うので、将来の給付額が確定せず、老後の生活設計に影響を及ぼすことがあります。

続きを読む

(C) 2009 インデックスファンド