投資信託で使われる専門用語




インデックスファンドなど、投資信託には聞き慣れない様々な専門用語があります。
投資信託を知るには、用語を把握し、理解できなければいけません。

1.連動率
ファンドの基準価額がベンチマークの株価指数にどれだけ連動(同調)したか、示す数字です。
インデックスファンドの運用を評価する指標のひとつで、100%に近いほど優れたファンド運用になります。

2.買取請求、解約請求
受益証券そのものを販売金融機関に買い取ってもらい換金するものを買い取り請求といいます。
投資家から換金要請があった場合に、ファンドの保有資産の一部を取り崩して換金するのが、解約請求です。

換金の価格は、解約請求の場合は基準価額となり、買取請求の場合は買取価額です。
これらの行為は課税対象になります。課税の対象額は、解約請求の場合は(解約価額―個別元本)、買取請求の場合は(買取価額―取得費)です。
税率は、解約請求の場合10%源泉徴収(改2009年4月以降20%)、買取請求の場合10%申告分離(改2009年4月以降20%)です。

続きを読む

(C) 2009 インデックスファンド