世界で使われる指数 基本編




海外のインデックスファンドを選択する時には、世界の株価指数がひとつの大きな指標となります。

・ニューヨークダウ平均(ダウ平均)
100年以上前から米国で用いられてきた、アメリカの株式市場を代表する株価指数です。
名前の由来は、ダウ・ジョーンズ社が1896年に12銘柄を採用して平均株価を発表したことに始まります。

1928年からは30銘柄となり、株価の連続性を持たせ、修正平均株価となっています。
指標の銘柄には、ニューヨーク証券取引所やNASDAQに上場している世界的な優良銘柄が採用されています。
市場の動きを知るうえでは、最も信頼の厚い指数です。
ダウ工業株30種とも呼ばれ、日本のニュースでもおなじみになりました。

続きを読む

(C) 2009 インデックスファンド