日本経済新聞が提供する株価指数




日本経済新聞の提供する指数は、よく知られる日経平均株価の他(ほか)にもあります。

・日経500種平均株価(日経500)
日本を代表する指数の1つ。東証第一部上場の500銘柄対象に算出される指数。
日本の最初のインデックスファンドが、この日経500をベンチマークとするインデックス・ポートフォリオ・ファンド。
インデックス・ポートフォリオ・ファンドは、2005年6月21日に償還を迎えた。

・日経総合株価指数
全国の5ヶ所(ジャスダックを除く)の取引所の上場全銘柄を対象に算出される指数。
時価総額に配当金収益まで取り込んでの指数計算になるので、株式投資によって得られる全資産に近い指標となる。
算出開始は1980年1月4日を100とし、公表開始は1991年9月1日で、1日1回算出される。

・日経株価指数300(日経300)
東証第一部上場、主要300銘柄が対象の指数。
各業種の中から時価総額が大きな銘柄が選ばれている。
野村アセットマネジメントの日経300株価指数連動型上場投資信託・インデックスオープン日経300などが日経株価指数300をベンチマークとするインデックスファンド。

続きを読む

(C) 2009 インデックスファンド