インデックスファンドを選ぶ際の留意点




インデックスファンドは、パッシブ運用の投資信託よりはリスクの少ない金融商品ですが、元本保証がないというリスクはあります。
インデックスファンドを選ぶ際には次のことを十分留意して運用しましょう。

1.インデックスファンドの投資対象を理解する。
株式・債券・不動産・商品など、どの資産への投資なのか、日本・アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど、どの地域への投資なのかを理解して商品を選ぶことは不可欠です。
そして、どの指数に連動するインデックスファンドなのかは最低限知っておく必要があります。特にセレクトファンドではいくつかの要素が含まれています。

2.販売手数料や信託報酬といったコストの少ない商品を選択する。
インデックスファンドは、平均的な収益を目指す商品なので、大きな利回りは期待できません。
販売手数料(ファンドを購入する時にかかる手数料)、信託報酬(運用の費用として毎年一定の率でかかる手数料)ともに、目論見書に掲載されているので、購入前には必ずチェックしておきましょう。同じ商品でも証券会社などによって異なる場合があります。

続きを読む

(C) 2009 インデックスファンド