ETF(株価指数連動型上場投資信託)




ETF(株価指数連動型上場投資信託)は、特定の指数に連動する運用を目指すインデックスファンドの一種で、指数は日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などが使われます。

ETFとは、Exchange Traded Fundの略称で、「証券取引所で取引される投資信託」と訳されます。
証券取引所に上場され、指値注文、成行注文、信用取引など、全く株式と同じように市場での売買が可能です。
もちろん、分配金などへの課税も株式と同じです。

ETFは、2001年4月導入が決まり、2001年7月より実際の取引が始まりました。
ETFとして認められるのは、金融庁長官が指定する特定の株価指数と連動するものだけとなっています。

続きを読む

(C) 2009 インデックスファンド