投資信託の運用方法は、大きく、パッシブ運用とアクティブ運用とに分けることができます。
パッシブ運用とは、インデックスファンドが代表的な投資信託のように、日経平均株価や東証株価指数など所定の相場指標をベンチマーク(運用の目標基準)として、ベンチマークに連動した値動きを目指す運用の方法です。

スポンサードリンク

インデックスファンドの長所

アクティブ運用とは、ファンドマネージャーが積極的に株式や債券の組み入れ比率を変え、銘柄の売買を行い、ベンチマークを上回る投資収益の確保を目指す運用方法です。
当然、多くの運用益が期待できますが、運営コストもそれなりにかかってきます。

インデックスファンドは、基本的には組み入れた銘柄を保持し続けるので、証券会社に支払う売買委託手数料を安く抑えることができます。
信託報酬に関しても、アクティブ運用のように組み入れ銘柄を決めたり、分析にあまり人件費がかからないため、安くなります。

インデックスファンドでは、コストが抑えられることで、ファンドの純資産総額の減少を防ぎ、基準価額を下がるのを抑えることができます。
個人投資家になじみのある日経平均株価や東証株価指数など主要な指数がインデックスファンドはのベンチマークとなっているので、投資家が自分で、テレビや新聞を見ていれば、これら指数の動向を把握できます。

大まかな動向が投資家にとって把握しやすいのがインデックスファンドです。
インデックスファンドのメリットは、金融商品の中でも、とにかく分かりやすいことだと言えます。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

インデックスファンド:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://f.54lz.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。